調査値段の相場は探偵に確認しよう

探偵の調査の値段はいくらか気になって調査を依頼したくてもなかなか探偵を決めることができないという人は、調査値段の相場について探偵に確認してみるのもひとつの方法です。
調査の値段がわからないという人のなかには、適正金額がわからない、どの金額が一番安いのは判断することができないという人もいると思います。
こういう人は、自分なりに調べてみたけど、よけにわからなくなったという人もいます。
そこで、思い切って探偵に直接、調査の値段を確認してみると意外とすんなり問題が解決することもあります。
値段の相場も気になりますが、調査の内容の違いにも注意を払う必要があります。浮気調査といってもまったく同じ条件で調査を行う探偵はありません。
調査内容の違いについてもあらかじめ確認をしておくといいでしょう。

公開しない探偵の選び方を教えます!!

「夫が浮気をしているかもしれない!」そんなときに、探偵に調査を依頼してみようと考える人は多いはずです。
しかし、普段目にすることのない「探偵業」という仕事、いったいどうやって選んだら良いのか悩みますよね。
そこで、探偵社、探偵事務所の選び方の基準をご紹介したいと思います。
まずは、ネットで近くの探偵業者を探します。
東京や首都圏にはたくさんの探偵業者があり、地方の方はそういった場所のほうが信頼できると感じるかもしれません。
しかし、探偵を依頼する場合には「交通費、宿泊費」といったものはすべて実費で請求されてしまいます。よほどお金に余裕のある場合を除いては、やはり地元の探偵業者にしたほうがお得です。
次に、電話をしてみます。ここで対応が悪かったらほぼ会社全体が良くないと考えてよいですよ。
良い印象だったら、初回の相談のアポイントをとりましょう。
実際にいくらかかるかの相談に出向いた時、金額をハッキリ言わずに「場合によっては追加料金が…」ということも多いので「どんなことがあったら、いくらくらい追加料金がかかるのですか?追加料金が派生する前に知らせてもらえますか?」と突っ込んで聞いておきましょう。
調査員の人件費がはっきりしているかどうかを確認するのも良いですよ。
1時間当たりの金額を口にしたら、それが「調査員は一人なのか、二人なのか」も確認してくださいね。
ネットで「探偵調査 相場」と検索すれば、相場がわかります。
しっかり調べて公開のない依頼をしてください!

探偵による浮気調査のメリットとデメリット

浮気の調査を探偵に依頼した場合、以下のようなメリットがあります。
一つ目は、「事実がはっきりする」。
浮気しているかどうか分からない状態で過ごすのは、かなりの苦痛です。
しかし、浮気をしているかどうかがはっきりすれば、その後どうすべきかということも明確になります。
二つ目は、「慰謝料を求められる」。
もしパートナーが浮気をしていた場合、慰謝料を請求する権利があります。
パートナーだけでなく、浮気相手にも請求が可能です。
三つ目は、「有利な状態で離婚できる」。
証拠がしっかり集まっているので、協議がうまく行かなかったとしても、有利な状態で調停に臨むことができます。
一方で、デメリットも存在します。
一つ目は、「費用がかかる」。
浮気調査の費用は、決して安い物ではありません。
特に専業主婦の人が依頼する場合、けっこうな痛手となってしまいます。
二つ目は、「成功するとは限らない」。
探偵のスキルによっては、証拠が掴めないこともあります。
特に格安の探偵の場合、こういうことが起こりがちです。
三つ目は、「事実を直視しなければならない」。
浮気の証拠を集めているのだから当然なのですが、その事実を目の当たりにすると、やはりショックを受ける人が大半です。

探偵に依頼すると、証拠が見つかりやすい

家庭のトラブルで多いのが、夫婦の浮気であり問題とされています。離婚に至ると、家庭崩壊、裁判、親権、慰謝料など、手間がかかるのも事実です。また、浮気の疑いで悩んだり、証拠を掴みたい人も多くいます。そんな時、便利なのが探偵であり、証拠を掴んでくれる心強い業者になります。世間では、浮気の現場を押さえたいため、個人で活動する人も多いようです。
しかし、個人では、相手にバレやすく逆キレされるケースがあります。一般人が1日中、張り込んだり尾行するのも限界があるのも事実です。しかし、探偵に依頼すると、浮気調査のプロとして動かぬ証拠を掴んでくれます。調査中は、家に居ても良し、仕事をしていてもお任せするだけです。探偵の仕事として、依頼から契約で決められた期間内、相手を調査するようになります。
そして、相手の尾行から、浮気の決定的な証拠現場をカメラに収める事がポイントです。探偵は、調査のプロとして訓練、指導を受けているため個人より確実性が高くなります。当然、依頼するために料金が必要になり、スタッフの人数、日数によって高額なケースもあります。しかし、探偵は、信頼性の高い証拠を掴む事ができるため、裁判で有利になる第三者と言えるでしょう。